出撃ポイント:丹波川(たばがわ)
水量 : ??
天気 :雨のちくもり
気温 :6℃?(むちゃくちゃさむかったです。)
メンバー:花鳥、ラナパパ、takeさん、G君、ラナ(犬)、jet(犬)
コース:橋~集落 約3.5km?
写真提供:ラナパパ(本日、カメラ忘れました)

本日は丹波川にいってきました。
御岳のスタート地点に9時に集合です。
御岳までは約2時間、130km、ほとんど高速道路の旅でした。

9時前にラナパパに電話しましたが留守番電話サービスセンターでした。
んー、どういうこと?御岳は電波3本なのに…

9:15分ぐらいにやっと電話が通じました。
どうやら丹波川付近は電波が届かないみたいです。
はっきりいって丹波川がどの辺かまったく調べてなかったので地図でみました。

御岳よりむっちゃ上流でした。クリーク勘弁って言ってたのに…

結局、下見を終えたラナパパ、takeさんと合流したのが10時でした。
takeさんとG君は今回初めてお会いしました。
両人とも気さくに接してくれました。
スタート前に「生前の最後の写真」になるかもと記念撮影

b0139489_21524943.jpg


スタート地点の河原に出るには「崖くだり」をしなければなりません。
なんかわらけてきます。
b0139489_2156448.jpg


その後スタート地点に移動、ダウンリバー開始が12:30過ぎ?です。
川の詳細に関してはラナパパブログを参照してください。
やばめなところは2箇所あります。

1箇所はピンしそうだったので私は担ぎました。
b0139489_2156514.jpg


ダウンリバー終了は4時過ぎになりました。
先が見えない川だったのでスカウティング等に時間を費やされましたね。

瀬のレベル的にはそんなに高くないし、やばいところはポテージも容易に出来ますが
エディーがほんとにないのでなめると痛い目にあいそうです。
信頼できる仲間とじっくりとスカウティングしながら下ればまず大丈夫だと思います。
ただ水量がよくわからん。増水するとスカウティング、ポテージも不可能かもしれません。

あと、丹波川の上流には心霊スポットで有名な「おいらん淵」があります。
行ってみたかったのですが今回は遅くなったのでやめました。

機会があれば「おいらん淵」だけ見に行こうかとおもいます。
まー、家から3時間かかるんでほんとに暇なときにとは思いますがね。
あと、みなさんに言っておきます。心霊スポットを冗談半分でいかないでください!
私は真剣に行きます、冗談半分でいくと怖い目にあうと思います。
あと、豆知識として心霊スポットで写真を撮ったり、物を持って帰ったり、物を置いてきたりしては行けません。
Don't take it easy about Spiritual spots!

その後、takeさんと別れ、ラナパパ、G君と「のめこいの湯」に行きました。
b0139489_2224099.jpg


入湯料は600円です、が、本日は源泉の調子が悪かったらしく300円でいいとのことでした
湯は結構成分はいってそうなかんじですべすべになりました。
できてまだ間もないのでしょう。かなりきれいでよかったです。

その後館内にある食堂で飯を食べました。
なぜか3人とも「しょうが焼き定職」1000円です。
b0139489_2221991.jpg


なかなか美味でした。まさに花鳥料理!!!

しかし、川まで遠いなー…
名古屋にいるときとは全然違いますね。
どこ行くにも遠いし、高速代かかってしかたがないですわ。
[PR]

日時:5月5日
天候:曇り
出撃場所:櫛田川の蓮川区間(蓮ダム~滝、3.5km)
水量:蓮ダム放水量 8.0t
メンバー:花鳥、怪鳥、コニー、Captain、AZmax

えー、櫛田川に来ました。
ナラヨシから70km、山道を走ること約1.5時間でした。
AZmaxが朝のうちに到着し、本日は5人でのダウンリバーです。

櫛田川は過去に一回だけ滝落ちにきましたが今回は
蓮ダムの放水量が8tということなので蓮ダム~櫛田川合流後の滝区間にしました。

b0139489_19432849.jpg

ダムの直下からスタートです。勇者5人です。
b0139489_1944147.jpg

スタートして1km未満の位置に落差3mほどの瀬があります。
道路から見たらいけそうな感じでしたが実際近くに行くと結構巻いてました。
b0139489_19454749.jpg

滝つぼは本流と右からの流れが合わさっているので、
ルートとしては本流進入の左に逃げたいところなのですが
左岸はアンダーカットになっているのでそうもいきません。
なんで今回はポテージしました。
その後は堰堤がありますが下は巻いてないので突撃できました。
b0139489_19494258.jpg


ちなみに右岸側には堰堤の切れ目もありますのでブーフー練習できます。
結構落差あるので楽しかったです。

途中、沈下橋もあります。増水したらストレーナーになるんで気をつけましょう。
b0139489_19523017.jpg

蓮川の横には道がすぐにあるので下見がほとんどできるので安心してくだれますね。

最後の滝です。前回下ったときよりだいぶパワーアップしてました。
今回は落ちるのやめときました。(怪鳥は結構迷ってましたが、僕は怖いんで即答でやめました。)

b0139489_19535631.jpg


いやー、よき仲間と無事に下れて最高でした。
b0139489_1954226.jpg


はー、やっとこアップ終了やわー。ブログ持つのも楽じゃねー。
[PR]

# by sugimuza | 2008-05-05 19:00 | | Comments(6)

日時:5月4日
天候:晴れ
出撃場所:奈良吉野川
水量:五條観測所 +1.17m
メンバー:花鳥、怪鳥、コニー、Captain、義弟カップル、七輪さん、

2日目は、ナラヨシです。
いやー、思い出深い川ですわ。
本日は昨日のメンバープラス、義弟カップルと七輪さんが加わりました。

ちょっとアップするの疲れてきたのでさっぱりいきます。はいスタート地点です。

b0139489_18465580.jpg


そしてヤナ下、コニーがだいぶ気に入ってました。
フォニ悶狙ってました。
b0139489_18475392.jpg


カルディアのトロバでレスキューの練習しました。
NKCはほんとにしっかりしたクラブですね。サイコーです
b0139489_18485185.jpg


カルディア下(アダ橋上)は結構遊べそうです。

b0139489_18495375.jpg

七輪さんも楽しそうです。

b0139489_18502911.jpg

義弟カップルも楽しそうです。

七輪さんとは初めて会ったのですが気さくに話しかけていただき感謝です。
今度ナラヨシ行ったときはまたご一緒させてください。

コニーがアグレッシブだったんで結局ナラヨシダウンリバーは4時間を要しました。
でも、コニーは満足してくれたみたいなんでよかったです。
ナラヨシサイコーです。マグロ丼もサイコーです。
カードもオレンジになりました。これで自分の分のコーヒーは出せるようになりました。
目指すブラックはいつになることやら…

その日は、そのまま櫛田川の森公園に行って酒飲んで寝ました。
[PR]

# by sugimuza | 2008-05-04 18:55 | | Comments(0)

日時:5月3日
天候:晴れ
出撃場所:保津川 馬堀~保津峡
水量:保津峡観測所 +0.19m
メンバー:花鳥、怪鳥、コニー

NKC関西遠征に同行しました。
今回は関西の川を遊び尽くすです。
そんなわけで10時に馬堀に集合です。

保津川とは
京都府京都市左京区広河原と南丹市美山町(旧北桑田郡美山町)佐々里の境に位置する佐々里峠に発する。左京区広河原、左京区花脊を南流するが、花脊南部で流れを西へと大きく変える。京都市右京区京北(旧北桑田郡京北町)を東西に横断し、南丹市日吉町(旧船井郡日吉町)の世木ダム、日吉ダムを経由、以降は亀岡盆地へと南流する。亀岡市の中央部を縦断し、保津峡を南東に流れ、嵐山で京都盆地に出て南流、伏見区で鴨川を併せ、大阪府との境で木津川、宇治川と合流し淀川となる。

であり
通例として、京都市右京区京北の流域にかけては上桂川(かみかつらがわ)、南丹市園部町に入ると桂川、南丹市八木町から亀岡市にかけては大堰川(おおいがわ)、亀岡市の保津橋又は保津峡から嵐山あたりまでは保津川(ほづがわ)などと名を変え、嵐山から合流地点は再び桂川と称される。
これらは通例であり、1896年(明治29年)4月に旧河川法が公布、同年6月の施行以降、行政上の表記は桂川に統一されている。国土地理院の測量成果においても、全流域において桂川の表記に統一されており、他の呼称が用いられることはない。

なんですねー、へー知らんかった、ウィキペディアありがとう!

しかしこの保津川は僕の川人生の始まりの場所ですね。
異常川人の始まりの地ですね。
今からかれこれ11年前の学生時代にラフトで下ったんですね。
それから結構ラフトで下りましたね、ありがとう保津川!そして今日はよろしくおねがいします。

そんなこんなでスタートです。

b0139489_1801389.jpg


スタートして2つ目の瀬の下ではサナゲウェーブがあります。本日は乗れました。
うまい人ならブラントとか出来るんでしょうねー…(写真なし)
エディーより遊覧船を取りました。
b0139489_183276.jpg

この保津川は遊覧船やラフティングで有名です。あと、トロッコ列車もあります。
観光地ですね。観光客には手を振るのが暗黙の了解となっております。

保津川下り
京都の観光ルートの一つ。嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線のトロッコ列車でトロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅に行き、そこから連絡バスで乗船場まで約15分。JR亀岡駅からは徒歩10分。遠目には穏やかな川も、いざ小船で下るとなると急流に見えると言う。
(ウィキペディアより)

小鮎の滝の手前で丸太が入ってないかのチェックです。
このように遊覧船が通るように人工的に川の形を変えています。
そのおかげで手ごろな瀬が随所にあります。
b0139489_186419.jpg


そして、deep water of onnabuti! 女渕(オンナブチです、メブチではありません)です。
b0139489_18111448.jpg


学生のころ、ここからいろいろな飛び方で飛び込みをしたものです。
「肩車」しながら飛び込んだりもしましたねー、いやー、学生の頃ってアホですな。
あぶないっちゅうねん!

今回は電車にて回送しました。
回送楽チンですが一般乗車客は奇異の目線です。それに耐えることによって精神的にも大きくなることが出来るでしょう。

b0139489_18203051.jpg


ダウンリバー終了後に沈下橋を見に行きました。
昔はスポットプレーできたみたいですが今は無理ですね。
水量増えても減っても何にも出来そうになかったです。
ちなみに横にあった看板で記念撮影。沈下橋付近に「怪鳥」が出没しました。
b0139489_18223523.jpg


保津川、結構面白かったです。かなり久しぶりでしたが水も昔に比べればだいぶきれいになってました。
[PR]

# by sugimuza | 2008-05-03 18:20 | | Comments(0)

日時:4月28日
天候:晴れ
出撃場所:那珂川 千代橋の瀬
水量:野口観測所 -1.48
メンバー:花鳥

千代橋行ってきました。
水量は前のときに比べると-0.5mです。
前のときはよかったのでどないなってるかの調査ですね。

前回よかった上流の左岸よりの瀬ですがこんな感じです。

b0139489_1784085.jpg


近景です。
b0139489_17105127.jpg


はっきりいって浅いです。
まったくさせません。
右スピンはオートマティックです。むちゃ簡単です。よっぽど出ません!
でも、飽きます…
聖水練習に変えようかなって思いましたがどこもかしこも結構浅くて練習も出来ません。

しかたないのでひたすら右スピンを何回できるかに挑戦しました。
真剣にやったら70回とか、100回とか簡単にできます。

気合を入れてやりました。
175回連続で出来ました。所要時間15分です。
いやー、この日だけで去年1年分以上のスピンをやっちゃいましたね
多分500回ぐらいはしてると思います。
まー、それしか出来なかったのでやってた結果ですけどね…

ただ、同じ右スピンでもちょっと刺し気味とかフラットにまわすとかいろいろ試しながら出来たので充実していた?でしょうきっと。
勉強にはなったでしょう。

前回と今回で千代橋が遊べる水量は-1.2m以上くらいかなって感じです。
-1.2mぐらいになれば右も左も回せて刺す場所をきっちり選べば多少させるんじゃないですかね?

今度はちょっと雨が降ったあとにでも調査に行ってきますわ。
結局3時間ぐらいひたすらスピン練習して終わりました。
なんか漁してました。何とれるんでしょうか?

b0139489_17222970.jpg

[PR]

日時:4月27日
天候:曇りのち晴れ
出撃場所:荒川、長瀞区間
水量:ダムの放水量40t?
メンバー:花鳥、ラナパパ、駄犬

前日に引き続き長瀞いきました。
この水量だと結構激しいです。
かなり楽しいです。
長瀞ってしょぼいものだと勝手に思ってましたが楽しかったです。

回送時にカヤッカー2人の方とご一緒したのですが上手かったです。
いやー、世の中には上手い奴いっぱいいますね。
僕はもっと精進せんと駄目なことを痛感しましたわ。
コタキの瀬です。この水量だと遊べるみたいですがばり怖いです。ドカンっぽい感じの瀬です。
ちなみにドカンより乗れますが後ろにはアンダーカット気味の巨岩壁が待ち構えています。

b0139489_20542534.jpg


いやー、長瀞おもろいわー。
詳しくはラナパパブログ参照してください。

12時ぐらいにダウンリバー終了。
その後飯を食おうと適当に探して、JA(農協)が経営するそば屋にいきました。
b0139489_20582952.jpg


このそば屋、注文しても全然出てこない、まるで中華○○2000みたい
結構イライラしました。○○料理2000みたいにマスターがいい人ならいざ知らず
料理してるの地元のパートのおばちゃんやし
シャーないんで時間つぶしに新聞でもって思ったのですが
何やねん、この新聞。読むとこあらへん!!
b0139489_2141580.jpg


大根やらニンジンの市場価格がわかったところでやっと食べ物にありつくことが出来ました。
私は、天ざるソバ大盛り1250円です。
てんぷらは地元のものなんでしょうね?結構ヘルシーでよかったです。
まさに花鳥料理にふさわしいですね!
b0139489_2175683.jpg


まー、ソバもうまかったしよかったんですがなんぼなんでも遅すぎます。
もー、行かないでしょう。
ラナも待ちくたびれて痩せてしまいましたわ。
b0139489_2195622.jpg


しかし、長瀞よかったです。次はとんかつ食いますわ(結構名物みたいです。ただ味噌カツではなさげです。)
[PR]

# by sugimuza | 2008-04-27 21:11 | 長瀞 | Comments(2)

日時:4月26日
天候:曇り時々雨
出撃場所:神流川(かんながわ)
水量:??
メンバー:花鳥、ラナパパ、駄犬

川に行ってきました。
場所は神流川です。結構マイナーなんじゃないでしょうか?

先週の月曜日にラナパパに電話をし、
「場所はどこでも行きますんで適当に決めてください」とお願いしておいたのです。

結構クリークチックでした。
当初のスタート地点は渓流釣り師が結構いたので
ちょっと下流の「ジャギの滝(蛇木の滝)」からにしました。
ジャギは危険です。すぐに裏切ります。すぐに名前を聞いてきます。気をつけましょう。

b0139489_2033525.jpg


ラナは先々週にみんなにデブといわれてショックだったらしく食が細って痩せたそうです。
でも相変わらずごついです。バウ沈んでいます。
b0139489_2052976.jpg


この川、川幅が狭く、流れが速く結構怖いですが
今日の水量なら、緊張しながら快適に下れました。
やばいところが2箇所でしたが増水すると怖そうです。
ちなみにEZGでいきました。いやー、安心は金で買う時代ですね。
All STARでも下れないことはないでしょうが何回かひっくり返ってたでしょうね^^;)
川の詳しい内容はラナパパブログを参照してください。

3時過ぎにダウンリバー終了。そのまま「長瀞」に向けて出発しました。
山をひとつ越えたら長瀞です。
約1時間の道のりでした。

温泉を探してました。
発見しました「満願の湯」
b0139489_2018226.jpg


入湯料土日祝実は800円?やったかな、結構高めです。
ただ、満願の湯名物「満願御前」(単品1500円)とのセットだと
1900円?だったとおもいますが、かなりお得になります。
私はお得感でセットにしました。
いやー、結構豪華でした。まさに花鳥料理です。
b0139489_20173097.jpg

また、ここの食堂兼休憩場所が最高でした。
カラオケ1曲200円で歌えるんです。
知らん人の、しかも結構うまい歌声をバックにくつろいで食事ができます。
あの場所は「昭和の時代」ですね。懐かしいです。
(基本的に演歌しか聴けません、僕は勇気がなくてカラオケしませんでした。今度は誰か一緒に歌いません?200円でネタになりますよ。)

その後、「よっちゃんイカ」をあてに酒飲んで寝ました。
よっちゃんイカも、時代の流れでしょうか?
前みたいな毒々しい着色料まみれの赤じゃなくて白くなったんですね。

b0139489_20283286.jpg

[PR]

# by sugimuza | 2008-04-26 20:39 | | Comments(0)

日時:4月20日
天候:曇りのち晴れ
出撃場所:那珂川 千代橋の瀬
水量:野口観測所 -0.95~-0.99
メンバー:花鳥

転勤してから初めて川に出撃しました。
いやーインターネットでいろいろ調べているのですが、家の近くに川がない。
そんななか、一番家から近い場所で那珂川の下流、千代橋の近くがどうやら遊べるみたいなので行くことを決意しました。

目覚ましを7時30分にセットしましたが起きたら9時でした。
いやー、やっぱり約束してないと寝ちゃいますね^^;)
しかも、一人は危ないし、めんどくさいし、行くのやめよかなっても思っちゃいました。

でも、そこはなんとか踏ん張っていざ出発!

家から千代橋は約70kmで1時間弱でした。(今までの長良川行くぐらいの時間ですね)
んー、近い!?まー、これでそこそこ遊べればよいのですが。

そして到着、
ぱっと見は残れそうなウェーブはたっているが誰もいない
マイナーなのか、全然遊べないのかまったくわからん…

上流の瀬です(誰もいないんでサイズわからんな、これでは…)

b0139489_1755859.jpg


そんでもってその下の瀬です、横一文字で結構残れそう(一人なんで写せないでしょ!!)
b0139489_1758236.jpg


下の瀬を上流からとってみました
b0139489_1757138.jpg


写真を撮っていたら車が来ました。
「ひょっとしてカヤッカーか?」と思いましたが釣り人でした。
なんかつれるんでしょうね、ルアーだったのでバスつり?ですかね。

とにかく用意を済まし漕ぎ始めました。
上流の瀬は再エントリーできるように見えなかったので下流側の横一文字の瀬に行きました。

んー、とりあえず残れます。スピンし放題です。
意外と瀬の中で漕ぎあがれるので再エントリーも全然大丈夫でした。
まー、浅いんで船を立てたりできないんですがスピンの練習にはいい感じでした。

延々とやってました。結構楽しかったりします。(でも、一人はむなしい… 結婚願望強くなりますね)

一人で黙々と修行していると、カヤッカーが現れました。(ちょっとうれしかったりします。)
そして、上を指します。

「え、上なの?」っと思いましたが上陸して上に行きます。

その人は上の瀬で遊んでいました。しかも、普通に漕ぎあがって何度も再エントリーしてます。

実際入ってみると結構残れます。
下の瀬と違って水深も結構あり、おもいっきり刺さないと岩にあたりません。パワーも下より全然ありかなり遊べる。
水量の少ないスケボーより全然よかったです。うまい人ならなんでも出来そう。
しかも、意外や意外、再エントリーもらくらくです。

いやー、いいですわ。この場所。

カヤッカーの方に聞いたのですがここより約1時間上流にもなにやらスポットあるらしいです。

でも、僕クラスならこれで十分です。いや、これぐらいの方がちょうどいいって感じでした。

ただ今日は水が多いほうみたいなんで、少なくなったらどうなのかまた調べなければならないですね。

予想以上によかったので気に入りました。近いしここで練習しようと思います。

あと、菜の花きれいでした。
b0139489_1819265.jpg


P.S
本日、ソロでした。あまり好ましくないでしょう。
なにかあったときに対応が出来ません。
実際、現地に行ってみて川の状態を見て漕ぐことにしました。
仮に沈脱しても下はトロバだし瀬自体もたいしたことがないので大丈夫だろうと判断しました。
このブログを見ている数少ないみなさん、くれぐれも一人で漕ぐときは気をつけてください。
怪我と弁当は自分もちです。

Don't take it easy about river!
[PR]

本日は怪鳥が我が家にきました!

飯を食いに近くにの、「大きい男」にいきました。
たしかにでかいが、むちゃキュートです。

b0139489_22261360.jpg


ビールサイコーです。男前二人の図

b0139489_2227669.jpg

b0139489_22271999.jpg


本日の料理!
b0139489_22275520.jpg

まさに「花鳥料理」!!

いやー、気合が入りますね
b0139489_22283183.jpg


サラダバー、スープ、ご飯セットで1500円ぐらいですね。
ビールは500円です。

それではまたおあいしましょう!!
[PR]

# by sugimuza | 2008-04-18 22:31 | 料理 | Comments(4)

とにかく作りました。

これから充実?させていきますわ。

NKCのブログと一緒なんで使いかたはそこそこわかるでしょう。

今日は冷凍ピラフたべました。まさに中華!!!

[PR]

# by sugimuza | 2008-04-15 23:57 | 料理 | Comments(6)